こども病院

2007年7月11日 (水)

半年ぶりの病院

Dscf5378

昨日は半年ぶりの、てんちゃんのこども病院の日でした。 ママと2人、電車とバスで行ってきました。

「ちっくんする時、泣いてもいい?」と何度も言っていたてんちゃん。「いいよ」と言うと、安心したかのように、ごきげんに病院へ到着。

検査中は、今まではママは別室で待っていたのに、昨日は一緒に。ママの手を握って、ママの目を見たまま、「いたぁ~い…」と泣くてんちゃん。暴れもせずに、大声でも泣かずに、辛そうに泣くてんちゃんを目の前に、切なかったなあ…。

でもね、検査結果は順調だから、もうしばらく、半年に一回の検査を続けて、安定したデータが揃えば一年に一回の検査になるみたい。「このままいけば大丈夫」と先生も言ってくれたしね。Dscf5375

てんちゃん、よくがんばりました^^Cookie200_7

Dscf5424その後パルコでランチ。てんちゃん、いっぱい食べるから、バイキングのお店に入ったんだけど、案の定、食べる食べる!!デザートもしっかり食べて!

少し買い物をして、帰りの電車では熟睡でした^^

| | コメント (8)

2007年1月17日 (水)

思い出す、切ない思い…

県立こども病院に、6ヶ月ぶりの診察に出かけた昨日。車で1時間半かかるので、会社を休んだパパは運転手。てんちゃんは、大好きな、新しい『おかあさんといっしょ』のCDに合わせて歌いながら、過ごす1時間半。

「今日はちっくんしない?」としきりに言うてんちゃん。半年前は何もわかっていなかったのに、今日は「てんちゃん、こどもびょういんで、なにするの?」と何度も聞いてくる。「てんちゃんが元気かなって診てもらうんだよ」と話すとふぅんと返事。

こども病院は、4ヶ月の時に行って以来。7ヶ月半までは、近所の市立病院と両方かかっていたけれど、それ以降はこども病院のみ。ひどい貧血と、肝機能の数値が異常に悪く、それ以外にもよくわからない数値で示された、悪い結果。いろんな検査もやったけれど、原因もわからず、まだ赤ちゃんのてんちゃんに、痛い思いばかりさせてごめんと、自分を責めてばかりだったあの頃。市立病院で、7ヶ月で寝返りをしないてんちゃんを、「このまま発達が遅れていく可能性が高いから覚悟してください」と言われたこともあり、よからぬことも頭をよぎったのが事実。

でも、今てんちゃんは元気に笑っている。1歳半頃を境に数値も安定し、薬もなし。毎日の生活、食事には気をつけなくてはいけないけれど、もう大丈夫と信じている。

検査の間、外で待っていると泣き声が聞こえてきた昨日。前回も、前々回も泣かなかったのに、昨日は聞こえる泣き声。アナウンスで中に入ると、真っ赤な顔で涙をぼろぼろ流したてんちゃんが、看護師さんに抱かれていた。ママが抱っこすると、肩にもたれて、「てんちゃん、痛かった」って。この瞬間は今でも慣れず、胸が痛くなる思い。

Linetamared2_1

丸々太ったてんちゃんは、まるで元気な健康優良児。この体の中でなにが起こっていたのかな。痛い検査ばかりで、体を触られるのが大嫌いで泣いてばかりいたね。あんまり見たくなかった写真だけれど、今は懐かしい思いで見ることができる、かな?黄色い病衣が変だね…^^;

Collage8

10ヶ月で寝返りして、やっとはいはいした1歳。成長にハイスピードで追いついてきた頃。誰もてんちゃんが貧血だなんて信じないよね…。

Collage9

泣いてばかりの小さいころを思い出してちょっぴり、切なくなった親心など知らず、甘ったるい笑顔で笑うてんちゃん。ちょっと前に痛くて泣いたことなんてすっかり忘れてしまったみたいだね^^それがてんちゃんのかわいいところだよ^^

Img_0446

| | コメント (18)

2006年7月11日 (火)

このままずっと・・・

今日はてんちゃんのこども病院の日。

3月に行って以来の4ヶ月ぶり。パパがお休みしてくれたので、ソラを送り出してから、車で病院へ。病院までは車で1時間半くらい。その間、ずっと歌ってご機嫌だったてんちゃん♪

身長体重を測って、問診。新しく来た女医さん、とっても丁寧で優しい先生で安心・・・。心配していたこともちゃんと説明してくれて、ママの不安だったことも少しは解消しました。

コレステロール値と肝機能の数値が高く、貧血など、採血によりいろいろ悪いところがあったてんちゃん。もう、お薬も卒業して安定した数値だけれど、肝臓や腎臓、すい臓、胆のうなどのエコー検査も行った。

おなかにつけたゼリーが「冷たいねえ」とくすぐったかったみたい。エコーは問題なし!

採血も、「てんちゃんがんばる」と何度も言っていて、前回も、泣くのをこらえていたから、「痛かったら我慢しないで泣いてもいいんだからね」と言い残し、パパとママは別室で待っていた。

採血室にお迎えに行くと、けろっとした顔のてんちゃん。「てんちゃんがんばったよ」って。看護師さんたちも「すごくえらかったのよ」と・・・。痛くなかったのかな?痛みに慣れちゃったのかな?腕に巻いた包帯も、前は嫌がって泣いたのに、平気な顔して「ここ、ちんち(血)採ったよ」って言うてんちゃん。痛かったはずなのに、強かったね・・・。

採血の結果は来週電話で聞くんだけど、きっと大丈夫!だから次の診察は半年後!すごいねえ!初めて病院の門をくぐったときには、不安と心配ではちきれそうだったのに、よかった・・・。

まだ首も据わっていない小さなてんちゃんは、入院したり、いっぱい検査したりと、いっぱいいっぱい泣いてたね。てんちゃんがこうなっているのはママのせい?健康に産んであげられなくってごめんね、と自分を責めてた日々もあったっけ。こんな元気な笑顔で病院を後にする日は来ないんじゃないかって思った日も あったけど・・・。

もう悪くなることなんてありませんように! Dscf2308Dscf0610_1

このままずっと安定した状態で元気に成長していきますように・・・!!(写真右は発達が遅れる可能性があると言われ一番悪かったときのてんちゃん。7ヶ月。今とおんなじ笑顔だ!!)

ランチして、ちょっとだけショッピングして帰りました♪

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006年3月 7日 (火)

経過は順調!

今日は2ヶ月ぶりのこども病院の日。パパも仕事を休んで、ソラも一緒に車で行ってきました。

採血の前、「イヤイヤ~」とぐずっていたてんちゃん。これから痛いことするってわかってたみたい。

採血室の外で待っていたママは、アレッと思ったよ。だって、いつもなら、大きい声で泣く声が聞こえるのに、今日は聞こえない。まだちっくんしてないのかな・・・。と思っていたら、「てんちゃんのお母さんお入りください」って放送が。

中に入ってみると、目に涙をいっぱいためて、への字口のてんちゃんが看護士さんに抱っこされていた。「てんちゃんがんばったね」と言うと、看護士さんが「本当にがんばったのよ。歯を食いしばって、我慢してたみたいに・・・えらかったねえ」と。

ママが抱っこすると、目から、大粒の涙がぽろん・・・。そして肩にもたれてきたてんちゃん。こんな小さいのに、痛いのも我慢して、と思うと、ママも涙が出そうだったよ。

痛い思いをさせてごめんね。でも、帰り際見た病院の玄関の花壇の花が、とってもきれいだったので、ちょっと気持ちが和らいだよ。

次回の診察、検査は4ヵ月後。経過は順調で、安心したよ。4ヵ月後には2歳になるてんちゃん、早く卒業できるといいね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月10日 (火)

卒!病院にならず・・・

今日はてんちゃんのこども病院の日。

二人で、電車とバスで行っていました。電車の中でもおとなしくちゃんと座っていて、向かいのおばさん方に、「おりこうさんねえ」といっぱい褒められました。

前回の検査の結果もよく、薬なしで大丈夫そうなので、今日で卒業かなあ、と思っていたけれど、先生に「じゃあ次回は2ヵ月後に」と言われてしまいました・・・。(ちょっとショック)

てんちゃんは赤ちゃんの頃から貧血、肝機能の数値、コレステロール値などいっぱい血液検査で悪いところが見つかって、通院して検査しているのです。

こども病院はちょっと遠いけれど、先生が優しい口調で「大丈夫ですよー」と言って下さるので、心配も半減して、安心(?)して通っています。

それでも「病院の日=ちっくん(採血)の日」とわかっているてんちゃんは夕べも夜泣き、朝もエンエン泣いて「ちっくんいやだよー」と訴えていました。かわいそうだけど、しょうがない・・・。

今日も採血。採血の部屋にはママは入れないから、しまった扉の前でてんちゃんの大きな泣き声を聞いているだけ・・・。切ない2,3分です。

「てんちゃんのお母さんどうぞ」と呼ばれて中に入ると、泣いて真っ赤になったてんちゃんを抱っこして「痛かったね、がんばったね」と言ってあげました。

血を止める、包帯もイヤで、「ここーここー」と指差して、取ってくれ、と、病院中、泣き声が響いていました。

健康が一番。

本当は、家族がみんな健康で、笑っていられるのが一番幸せなのに、ついつい「もっと○○になって欲しい」など、欲張ってしまう私・・・。

ママが変わってあげられたらいいのにね。ごめんねてんちゃん。

Dscf2323_1 こんなに丸々して、ほっぺも赤くて健康そうなてんちゃんなのにネ。「どこが悪いのー?」とみんなに言われてしまいます。(写真は一番悪いときのてんちゃん。7ヶ月)

早くよくなるといいね!パパもママもいつもそう願っているよ。

でも、その後、学生時代の友達と、ランチする、というおまけ付きでした!

1年ぶりに会う友達。愛娘の1歳のアンナちゃんもすっかり大きくなってびっくりでした。

てんちゃんはモリモリ食べて、デザートも ママにはくれないくらいで、友達もびっくりしていました・・・。楽しいひと時でした。

その後、ソラにお土産を買って夕方帰ると、すっかり「ママにひっつき虫」になって甘えていました。お留守番ありがとうね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)