« 新幹線なるほど発見デー | トップページ | 水遊び大会! »

2006年7月25日 (火)

愛情不足?

Dscf0658夏休みになった途端、朝、とっても機嫌良く起きて、着替えも自分でするソラ。7時半とか8時頃に、ごみ捨てついでにお散歩して、朝ごはんもモリモリ食べて、よく遊んでいます・・・。

幼稚園に行っていた朝とは大違い!!!

「ママ一緒に遊ぼうね」と言うので、家事はゆっくり、遊びに付き合っているつもり。

でも、ソラのスイミングの先生に、甘えん坊でほとんどママのそばにくっついているソラを見ていて、「お母さんの愛情が薄いんじゃない?」と言われた。幼稚園でもスイミングでも先生にペッタリ甘えているソラを見て、ママもそう感じていないわけではなかったけど・・・。

直接、はっきりとそう言われたことはなかったので、がーんとハンマーで殴られた感じ。

確かに、てんちゃんの方が困らせることはなく、楽なのだが、私自身、ソラの方を優先するよう、心掛けているつもり。てんちゃんを預けてソラとべったりする時間も作っているつもり。

でも、ソラにとっては、まだまだ不十分で、もっともっと自分だけを見て、かまって欲しくて、独り占めしたいんだろう・・・。駄々こねるのも、グズグズ言うのも、泣くのも、もっと僕を見て、かまって、というサインなのかな。

ちょっと疲れてしまった今日。

「ママ大好き、ママ抱っこして」と言うソラ、ママだってソラのこと大好きだけど、すれ違っちゃっているのかな。

まだ夏休みは始まったばかり。ソラとのかかわり方をもう一度考え直してみようと思った。

|

« 新幹線なるほど発見デー | トップページ | 水遊び大会! »

育児」カテゴリの記事

コメント

え~。わっふるさんのブログ読んでいると、そんなことないと思うけどなぁ。確かに下の子がいると、上の子に我慢させちゃう事もあるだろうけど、わっふるさんはバランスよく頑張っていると思うよ!
私のほうがシュート1人なのに、わっふるさんのブログを読んでいると、私ももっとシュートに愛情かけてあげないとって思うもん。
わっふるさんが、愛情かけてあげていると思っているなら大丈夫だよ。頑張りすぎるのも疲れて大変だしね。きっとソラくんも元気なママが大好きだろうから、気負わず今まで通りでいいんじゃないかな?
なんて2人の子持ちママの気持ちがわからない私が言うのもなんですが・・・。
そして愛情が足りない子は、もっとちがった形(下の子をいじめちゃうとか?)で出てきちゃうんじゃないかと思うんだけどなぁ。
ソラくんはただ単にママが大好きってだけなんじゃないかな。

投稿: シュートママ | 2006年7月25日 (火) 23:38

愛情不足??
そんな言葉にびっくり。
むしろ、いつも愛情いっぱいでステキ・・・って思ってるから。
むしろ私なんて(*ノノ)ひどいもんよ。
だってさ、愛情いっぱい証拠にいつもいい笑顔してるじゃない!!
ママの愛情がいっぱいすぎてママから離れたくないのかもよ??(^^)
うちはとりあえず人見知りをどうにかしないと!
誰かに声をかけられると凍るので。

投稿: ともちゅ | 2006年7月26日 (水) 10:22

私もわっふるさんはいっぱいの愛情をソラくんにかけていると思いますよ。
だだソラくんがすごく敏感な子なのかもしれませんよね。4月から保育園に通い始めたし、弟は自分が保育園に行っている間ママをひとりじめ・・・少し不安なのかも。
私も小さいころそうでしたよ。下に弟がいて自分だけ保育園に通い始めてすごく不安だった。「弟ばかりズルイ」って思ってました(-_-;)ちょっと弟に意地悪してたし・・・・。
親は一生懸命私の相手をしてくれていたとは今だから思うんですけどね(^^ゞ
保育園に通い始めて間もないしソラくん自身、自分のペースもつかめず、いろんな不安を抱えているんでしょうね。
私の娘も4月から保育園に行くようになって熱を頻繁に出している時に保母さんに「熱を出したりするのはママへのサインかもしれませんよ」って言われてハッとしたことがあります。
楽しく元気に保育園に通っているから安心していたけど、Misoraに寂しい思いをさせているんだなって反省しました。
私も短いながら夏休みはMisoraとたっぷり遊ぼうと思います。

投稿: Misoraママ | 2006年7月26日 (水) 11:33

わっふるさんが愛情不足だったらうちはどうなるの~!って感じです。
まっちぃ的には、まだまだママにベッタリでもいいじゃんって思いますが・・・
だってあと何年そうやって「ママ、ママ」って言ってくれるんだろうって思いますよね。
ソラくんとママの一生の中で考えたら、ほんの数年・・・わずかな時間じゃないですか~。

それよりスイミングの先生の「ママの愛情が薄い」っていう言葉にビックリ(;゚д゚)したまっちぃです。
ママたちは、自分も含めてですけど、毎日すごく悩みながら子育てをしていると思うんですよね。そんな時にそういう風に言われたらすごく悲しい気持ちになりますよね。

生まれてくる前は、「健康ならそれだけでいい」って思ってたはずなのに、段々とこうして欲しいとか、こうなって欲しいとか、要求が多くなってしまいますよね。
私もいつも子育てにつまづいたらその頃の気持ちを思いだすようにしています。

他の人がなんと言おうが、わっふるさんはわっふるさんらしく自信をもってていいと思いますよ。
ほんとにステキなママなんですからね☆

投稿: まっちぃ | 2006年7月26日 (水) 17:13

☆シュートママさんへ

ありがとう。
夕べ、シュートママさんのコメントに気がついたんだけど、すぐに返信できる余裕がなくて・・・。
夕べは何かいろいろ考えて眠れなかったの。
幼稚園生活もそうだけど、今まで4年弱ソラを育ててきて、自分の子育てを全て否定されたような感じで、どうすればいいのかって・・・。
実際、ソラ、てんちゃんに八つ当たりというか、叩いたり物を取ったりすることもあって、ソラを叱ることも多いの。
ソラは小さいころからずっと甘えん坊でママべったりだったから、うっとうしいと感じたとこともあったけれど、かわいいなと思うことだってあったのに・・・・。
でも2歳前にお兄ちゃんになって我慢したり、満たされない思いをしていることもあると思うけれど、でも兄弟がいることはそういうことというか、事実だし、その中でソラとてんちゃんと、考えながら関わってきたつもり。
難かしいけど、がんばるね・・・。
ありがとう。

投稿: わっふる | 2006年7月26日 (水) 19:05

☆ともちゅさんへ

ネムちゃん、人見知りだったのね?
よく遊んでいるからそう思わなかったよ。
子どもにもいろいろペースもあって成長はその子その子、違うよね。
自分の子の事になると、冷静さを失って、泣かれたり、ぐずられるとイライラしてしまうのが事実。
甘えん坊のソラは、ママを独り占めしたい気持ちがすごく強いので、てんちゃんを預けて2人で過ごすことも多々。
そんなときはすごく穏やかで困らせることなくかわいらしいソラなのに・・・。
でも、いつもいつもそうはいかないから、私もソラも乗り越えたいです。
ありがとうね。

☆Misoraママさんへ

そうですね。
自分は幼稚園なのに、てんちゃんだけおうちにいてママ独り占めしてずるいって思う心理はあるのかもしれませんね。
幼稚園に安心して通えるように私も優しくしてあげなきゃならないんだけど、つい、何で元気に登園できないのかと、突き放してしまうこともあって。
いけなかった、と反省している今。
幼稚園でママから放れてがんばっていることを認め、ソラのペースにあわせてあげなきゃならないんですよね。
のんびりのソラを私のペースに無理にあわせるのは無理だし、酷だものね・・・。
Misoraちゃんのように熱を出したり、子どもは何らかのサインを出しているのかも知れませんよね。
親として、もっと成長しなければ、と思います。
夏休み、充実したものになるといいですよね。
ありがとう・・・。

☆まっちぃさんへ

ありがとう・・・。
涙が出る思いでした。
夕べはほんとに悩んで悲しくて。
大切な我が子を、私なりにがんばって、愛情を持って育ててきたはずなのに、1年以上前から通っていたスイミングの先生にそうはっきりと言われて、ショックでした。
ママべったりのソラも、数年後にはママから離れてしまうから、まだ4年弱しか生きてない小さな子どもだから、甘えていてもいいのかなと思いました。
下の子がいると、つい、下の子の方に目が向いてしまうことも多いけれど、もっともっとソラを認めて、ソラの目線で考えてあげようと思いました。
ありのままの我が子を受け入れるって、簡単なようで、すごく難かしいのかもしれませんね。
でも、元気が出てきました。
ありがとう。

投稿: わっふる | 2006年7月26日 (水) 21:03

こんにちは。
はっきり言って、そんなことを言う先生が間違っています。
まず言葉の選び方に愛が感じられない。
そういう言葉を気にすることはないと思います。

でもどうしても気になるのが親ですよね。
うちの夫が私が育児に悩んでると、必ず言うことがあります。
「それだけ子供のことで悩んで考えてるんやから、うちの子は大丈夫や」です。
それを言われると、自分が未熟であっても、それでいいんだと思えるんです。
安易な考えかもしれないけど、いくら考えてもすぐに結果が出ないことなら、とりあえずそうやって自分が落ち着くことも、決して悪くないと思っています。
甘えん坊なんだからいいじゃない!子供なんて今だけよ!そのうち抱きついても振りほどかれるんだから!そう思って、いいと思います。

けっして愛情が足りてないなんてないと思うんです。
不必要な意見は、時にばっさり切って捨ててしまいましょう*^^*

投稿: | 2006年7月27日 (木) 10:49

こんにちは、私はまだ一人目で2歳になったばかりなので
子育てに関して後輩の立場だから明確にはわからないけれど、
てんちゃんの病気のことも子供心にわかっているから一番はてんちゃんなんて感じているのかもしれませんね。
心理学について興味があって、ひまわりが産まれてからは
幼児心理に関する本をよく読むのですが、
子供の甘え(抱っこや添い寝や、自分でできることでも
して欲しいとせがむこと)
に充分に応えてあげるのが望ましいとありました。
それは決して甘やかすことにはつながらないと。
してはいけないことは自分でできる、やろうとすることを
親がやってしまう過保護だけとありました。
私もそばに居たがったら、もう大きいのだからと突き放さず
好きなだけそばにいるよっていう育て方をしたいなぁ。

投稿: ひまわりママ | 2006年7月27日 (木) 20:35

☆唄さんへ

ありがとうございます。
信頼していた先生からの言葉だったので、かなりのショックでまだ頭の中をさまよっている感じです。
でも、気にしていても仕方ない。
私は子育ての仕方に自信もないし、反省ばかりだけど、私なりに大切に、子どものことも考えて、愛情を持って育てているつもりです。
甘えん坊のソラも、何年後かわからないけれど、胸を張って自立できるよう、今、十分煮私の愛を伝えていこうと思います。
なるべく早く忘れ、立ち直りますね。
ありがとう・・・。

☆ひまわりママさんへ

いろいろ勉強しているんですね。
どんな本を読んでいますか?
私も育児書じゃないけれど、子育ての本を読むのが好きで、図書館で借りては読んでいます。
講演会にも行ったりね。
甘えたい盛りの2歳前におにいちゃんになったソラには、妊娠中から我慢させていたことはたくさんあると思います。
でも、よく泣いていたてんちゃんを常におんぶして、ソラと遊び、一緒に台所に立ち、向き合っていた2歳時代は、本当に大変でした。
写真を見て、赤ちゃんの頃のてんちゃんをあまりよく覚えていないのが事実・・・。ソラにばかりかまっていたから・・・。
てんちゃんの病気のことも、ソラには悲しい思いをさせたかもしれないけれど、なるべくフォローをしてきたつもりです。
悩んで反省する事ばかりの子育てですが、そんな中にも面白く、幸せで大切なひとときもたくさん。
そんなひとときを大切にして、これからの毎日を過ごして行きたいと思います。
甘えん坊のソラも、いつかはママから自立して大きくなっていくのかな。
そのとき、後悔しないよう、今、もっとしっかりソラを受け入れて、愛情たっぷりで育てていきたいと思います。

投稿: わっふる | 2006年7月27日 (木) 22:02

はじめ、何てこと言う先生?って思ったよ。
でも、わっふるさんが信頼してる、一年以上のつきあいある先生なんだね。
お子さんいるのかな??
いないとしても、たくさんの子見てるはずだよね。
その先生に気持ち相談してみたら、それだけパンチあるひとだもん。
ひょい、とサポートしてくれたりしないかな・・・。
なんかのキーパーソン、というかいい変化につながらないと、くやしい、というか。
自信だけは、失わないで!
あまえる懐があるから、甘えるだけだよ。
きっと、みんなにあいされる、愛することのできる人になっていくよ!

投稿: のん | 2006年7月30日 (日) 06:33

☆のんさんへ

母と同い年の55歳の先生で、何度もソラのことで相談に乗ってもらっていたことのある先生なんです。
先生が悪いわけじゃないけれど、はっきりと言われたその一言が重くて。
何人もの生徒さんがいる中での私にかけた言葉だと思うと、それほどの私の態度が悪かったのかなあ・・・と思います。
今までの子育てを振り返り、考え、これからどう育てていくか、もう1度見直してみます。
いいきっかけになったことかと思うのですが、やはり、悲しくて、まだ立ち直っていないのです。
ありがと。

投稿: わっふる | 2006年7月30日 (日) 15:47

やっぱり上の子のフォローって大変なんですね。
昔は抱き癖がつくからとか、よく言ってたようだけれど、
今は思う存分抱っこしてあげてって育児方法ですものね。
その先生の言うことは昔の話のような気がするな。
「愛情不足…」なんて言ってはならない言葉だと思う。
日常生活を100%知っているわけではないのだし、
デリカシーのない先生ですね。
私は頭にきて「本にはこう書いてありました!」
って反論しちゃうかも。
本はご存知かもしれませんが
「子どもへのまなざし」がおすすめです。
これを読むと、このままでいいんだって思えます。

投稿: ひまわりママ | 2006年8月 3日 (木) 08:25

☆ひまわりママさんへ

『子どもへのまなざし』持っていますよ!
佐々木先生の本はいいですよね。
やさしくて・・・。
あと、平井信義先生をご存知ですか?
是非、読んでみてください。
私もこんな育て方ができたらなと思って読みふけっています。
子育ては、迷い、悩むことも多いけれど、目の前の我が子の笑顔は本物。
その屈託のない笑顔を見ていれば、母は私でいいんだな、と思い、そう思うことで毎日を過ごすことができますよね。

投稿: わっふる | 2006年8月 3日 (木) 11:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新幹線なるほど発見デー | トップページ | 水遊び大会! »